II2 / Windows上でのテレビ視聴

タグ:BD

その1

副題:TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4 でブルーレイディスクにBDAVオーサリングする際にエラー及び再エンコが発生しないためのAviUtl及び拡張x264出力を利用したエンコードの設定

ということで、前項を参考に設定してみたところ、曲がりなりにもBDAVオーサリングで映像/音声ともスマートレンダリングされるようになったので覚書を。それぞれの項目要件を満たしていても、組み合わせ出来ない場合等があるのがまた厄介です。
現状、PCとPS3以外のBlu-rayプレイヤーが手元にないのでそちらでの動作未確認です。


大凡の作業環境

  • Windows7(64bit)
  • ペガシス TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4
  • AviUtl(祝1.00) 窓の杜ニュース - バッチ処理に躓いていたところ、正に折よくコマンドラインオプションにバッチ登録関係が追加
  • 拡張x264出力(GUI)
  • 諸々の有難いプラグイン
  • aacも場合によってなぜか再エンコされてしまうのでコチラを参考にさせていただいてtsMuxerで合わせることにしました
  • 映像の確認 VLC、PowerDVD



    大凡の作業手順(TMSR以外はバッチで自動化)

    • TMSR4で編集(最後にやってもいい)→BDAV向けMPEGファイル(.ts)出力
    • DGIndexでtsファイルをd2v+aacに分離(自環境では今のところbontsdemuxより具合がいい)
    • d2vとaacをAviUtlに読み込み(aacfaw.aui)
    • AviUtlからx264guiExで出力
    • aacとmp4をtsMuxerでm2ts化
    • TMSR4でm2ts(mp4の方がスムーズかも...)を読み込んでBDAVオーサリング


    大凡のx264guiEx設定(重要らしい項目に赤丸)

    NTSC方式、品質基準VBR(--crf)前提
    ※とりあえずスマレンが通る値であってPC外での再生状態は不明です。
    ※環境や映像ソース、AviUtl側の設定によっては同じ設定でもダメな場合があるかも。
    ※h.264Levelは4or4.1で(高いほうが概ね他項目の許容範囲が広い)
    ※色空間はSDとHDで違う。例はHD映像用
    ※使えるフレームレートやインターレース保持の組み合わせは解像度によって変わる(縦720はプログレッシブで)mod32
    ※画質やファイルサイズはほどほどに満足できる程度に。
    ※画像の注釈はTMSR4上での対応する項目などについて。

    a


    b


    c

    「TMSR4のよくあるBDオーサリング拒否エラーメッセージ」 → 設定場所 → 修正内容

    • 「ビットレートが規格より高すぎます」  x264guiEx(レート・QP制御タブ) → (-crfの時は)VBV最大ビットレートを下げる。必ず数値を入れる。
    • 「VBV バッファサイズが規格より大きすぎます」 → x264guiEx(レート・QP制御タブ) → VBVバッファサイズを下げる。必ず数値を入れる。※AFS(自動フィールドシフト)を使用すると数値を入れても無効
    • 「最大 GOP フィールド数が規格より多すぎます」 → x264guiEx(フレームタブ) →  キーフレーム間隔の上限を下げる(24~30くらい)
    • 「映像アスペクト比率が規格に合っていません」 → x264guiEx(x264タブ) → 解像度に合わせた比にする。720×480は40:33とか10:11とか(左右黒帯8pix考慮)
    • 「色空間が違う」 → x264guiEx(x264タブ) → 解像度に合わせた色空間を指定。HD解像度ならBT.709、SD(720×480)だとsmpte170m。この絡みでアスペクト比などの制限も変わる。
    • 「Bフレームがどうのこうの」 → x264guiEx(フレームタブ) → Bフレーム周りをとりあえず上記画像の感じに
    • 「解像度が違う」 → AviUtl → サイズ指定やリサイズフィルタなどで規格通りに修正(1440×1088になってたりするので1080に正す)
    • 「映像フレームレートが規格に合っていません」 → AviUtl → 規格に合わせる。1280×720は59.94fpsか23.976fpsのプログレッシブにするとか。自動フィールドシフトを解除してみるとか。
    • 「インターレースがどうのこうの」 → AviUtlx264guiEx → 解像度やフレームレートによってインタレかプログレか等の制限がある


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

その2

一般的なブルーレイプレイヤーで再生できるディスク(
BDAVとかBDMVとか)をつくるには、Blu-rayの規格に沿う必要があるのですが、その値は再生機器の違いなどによって許容範囲が違ってくるようです。


そしてTMSR4(TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4)のBDAVオーサリング機能はこの判定がかなり厳しい感があります。無造作にエンコードしたh.264ビデオだとすぐ弾かれるか再エンコードの憂き目に遭います。その分、多くのプレイヤーで問題なく再生できるということなんでしょうきつと
。焼きこむだけならchotBDAVやImgBurn使う方が制限少なくて楽でしょうか。


とはいえ折角エンコしたものが拒否されては哀しいということでx264でTMSR4のスマートレンダリング基準に適うファイルを作成する設定をさがしてみました。


少なくともこの基準には合わせる必要がありそうです。(BDAV) ↓


MPEG-4 AVCファイル (BD/AVCHD向けMPEGファイル)

BDAV/BDMV/AVCHD向けで出力する場合のファイル単体でのスマートレンダリング判定基準
映像ストリーム形式MPEG-4 AVC
AVCHD 3D規格データの場合、左目のデータのみスマートレンダリング出力可能 (右目のデータは削除されます)
規格形式「BDAV」「BDMV」「AVCHD」各規格に適合している事
主な適合必要点
解像度720x480 (NTSC) / 720x576 (PAL) / 1280x720 / 1440x1080 / 1920x1080
フレームレート[NTSC]23.976 / 24 (1280x720以上) / 29.97 / 59.94 (1280x720のみ) fps, [PAL]23.976 (1280x720以上) / 24 (1280x720以上) / 25 / 50 (1280x720のみ) fps
プロファイル&レベルMain Profile / High Profile,Level3 / 3.1 / 3.2 / 4 / 4.1 /4.2 (AVCHD for Progressive時のみ)
Bluray(BDMV)映像の最大ビットレート40000kbps(Level4.1), 24000kbps(Level3.2/Level4), 16800kbps(Level3.1), 12000kbps(Level3)
Bluray(BDAV)映像の最大ビットレート27150kbps(Level4.1), 24000kbps(Level3.2/Level4), 16800kbps(Level3.1), 12000kbps(Level3)
AVCHD最大ビットレート上記Blu-ray制限且つ 23200kbps(AVCHD for HDD/MemoryMedia/for Progressive), 17350kbps(AVCHD for DVD), 27150kbps(AVCHD for Progressiveの50/60P時)
Blu-ray最大VBVバッファサイズ3662KB(Level4/4.1), 2929KB(Level3.2), 2050KB(Level3.1), 1464KB(Level3)
AVCHD最大VBVバッファサイズ上記Blu-ray制限且つ 2929KB(AVCHD for HDD/MemoryMedia), 2197KB(AVCHD for DVD), 3417KB(AVCHD for Progressiveの50/60P時)
最大GOP長29.97fps (PAL:25fps)時 15Mbps未満 最大60フレーム (PAL:50フレーム)/15Mbps以上 最大30フレーム (PAL:25フレーム), 23.976/24fps時 15Mbps未満 最大48フレーム/15Mbps以上 最大24フレーム, 59.94fps (PAL:50fps)時 最大60フレーム (PAL:50フレーム)
ビデオタイプインターレース/プログレッシブ/2:2プルダウンのいずれかである事
映像スライス数Level4.1以上ではスライス数は4以上である事
最大参照フレーム枚数下表参照
最大Bピクチャ枚数3枚
YUV色空間[NTSC]SD解像度 SMPTE 170M / HD解像度 ITU-R BT.709, [PAL]SD解像度 ITU-R BT.470-2 / HD解像度 ITU-R BT.709
フレームに関する解像度・レベルでの上限表
解像度レベル最大バッファリングフレーム数(最大DPBフレーム数)最大参照

フレーム枚数
最大リオーダー

フレーム数
720x480L3~4.1662
720x576L3552
720x576L3.1~4.1662
1280x720L4~4.1662
1440x1080

1920x1080
L4~4.1442


ということで、これを参考にAviUtl
x264guiExの力をお借りして設定を詰めてみます。
その2
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

過去にバックアップしたDVDの劣化やHDDの空き容量が気になりだした今日このごろ。その中でも問題になってくるのがサイズの大きい映像ファイル。
こいつの容量を抑えるなら、もちろんTMPGEnc Video Mastering Works 5などを使ってエンコードしてやるのがいいなのですが、かかる手間と時間と電気代を考えるとどうも無駄が多すぎる気がして余りできません。
ハードディスクの買い増しもいいですが、そればかりに頼るととクラッシュが怖い。


そこで映像資産の整理用にMPGEnc MPEG Smart Renderer 4(TMSR4)を使い始めてみました。(TVMW5より安いし)
TMPGEnc Video Mastering Works 6

このソフト、有料なだけあって視認性が良く、映像連結などもほぼ無劣化で音ズレなくサクサク行える上、CMカット(自動&手動)やBDやDVDの書き込みもできるかなり便利な子なのですが、ようやくそれ以外にも応用的な使い方があることを覚えてきました。


TMSR4の機能の一つとして、複数のDVD-videoまたはそれを保存したISO(イメージファイル)などの映像ソースをBDAV(一般的なブルーレイプレイヤーで再生できる形式)として1枚のブルーレイディスクに書き込むことができます。(ただしタイトルメニューと一部字幕は消えますので、必要な場合は別のオーサリングソフトを使用するなどしてください)
この場合も、当ソフトの売りであるところのほぼ無劣化での編集、出力が可能です。多少のサイズオーバーであればトランスコード機能で指定サイズ内に収めることもできます。


内容にもよりますが、市販の映像DVDなどと同程度のものであれば通常の1層BD(25GB)に3~4枚分まとめて入るので、経済的かつ収納性、利便性もかなり増します。もちろんながらコピー保護されているものは法的にも機能的にも不可です。
最近はBD-Rも2層DVD-Rもメディア単価がほぼ同程度になってますので、ソースが1層DVDに収まらないサイズであればなお有用かと思います。



スマートレンダリング(≒無劣化出力)なので、書き込まれるサイズは元ファイルと同程度、または1割程度減る場合もあるようです。映像編集などで不要な部分をカットすれば相当分が減量されます。 今のところパイオニアの内蔵ドライブで問題なくサクサク焼き込め&読み込めています。


下手をすれば数時間がかりになるエンコードと違い、ほぼ焼きこみ時間+αだけで済むのが嬉しいですね。
なお、DVDから読み込む場合は書き込み安定化のため一度HDDにコピーする流れとなりますが、ISOファイルの場合、Daemon Tools Lite等の仮想ドライブ作成ソフトで複数の仮想ドライブを設定してそれぞれにマウントしておくと作業が楽になります。


※この目的に関連して、TMSR4でできる主なこと
    • 映像カット編集
    • オーサリング(DVDやBDに書き込み)、またはファイル出力(mp4、mkv等)
    • 不要クリップの整理削除
    • ディスクタイトル設定、各映像クリップタイトル設定
    • チャプター位置継承&設定(削除挿入名称)
    • トランジジョン(カット間の切り替え効果)挿入
    • 音声ストリームの選択、音声フィルター(ノイズ軽減程度)
    • 各映像の連結出力/分割出力(1本の映像にするか別々の映像にするか)
    • トランスコード(間引き的なサイズ減)
    ※現時点でTMSR4単体ではできないこと
    • タイトルメニューの継承、作成
    • 特定形式の字幕の継承(ARIB)
    • 全体のエンコード(圧縮的なサイズ減)
    • DVDまたはBlu-ray規格出力時の音声ストリーム数上限?2つまで?

    音声は2ストリームまでしか扱えない場合が多いので、仮に主音声/副音声/コメンタリなど3ストリーム以上あった時にこのうちから2つを選択することに通常はなるかと思います。


    焼きこみをメインの目的として使いたい場合、あるいは字幕やタイトルメニューを扱いたい場合、簡易エンコードでメディアに合わせたサイズ調整などしたい場合はTMPGEnc Authoring Works を使いましょう。時間と技術のある人はフリーソフトで頑張りましょう。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    このページのトップヘ