II2 / Windows上でのテレビ視聴

カテゴリ:PC周辺 > ソフトウェア

ペガシスから2015年の11月にTMSR4の後継アプリ、TMSR5がリリースされました。
H.265対応や64bit専用となり処理速度の向上など様々な面で機能が向上しているようですが、一番うれしかったのが新機能の「プロダクションツール」。
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 ダウンロード版 / 販売元:株式会社 ペガシス
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5 ダウンロード版 / 販売元:株式会社 ペガシス


何をするものかといえば、フォルダ監視による自動CM検出および編集用のシーンインデックス作成。
録画済みのファイルをあらかじめ指定したフォルダに放り込んでおくだけで、自動的にCM検出作業及びキーフレームの打ち込みを行ってくれます。
TMSR4では、わざわざ本体を起動したうえで検出作業を行わなければならず、この待ち時間がなかなか長かったのですが、独立したアプリであるプロダクションツールを常駐させておくだけで一連の作業を自動で行ってくれます。便利!

また本体との連携もスムーズですので、プロダクションツール上から編集したいファイルを選び、本体のTMSR5にドラッグアンドドロップするだけで簡単に編集作業に移れます。

あとは折を見てキーフレームの位置ずれを確認してカット作業するだけ。まだ完全ではないとはいえ検出精度もだいぶ上がってきた印象がありますのでずいぶん助かります。プロダクションツールの事前シーンインデックス作成により、早送りや指定のシーンへのジャンプもストレスなくスムーズにできるようになっています。


注意点としては



64bit専用アプリとなったこと。
・デフォルトの設定ではキーフレームの打ち込みは自動実行されないのでTMSR5の設定修正が必要。
・D&D以外の方法、例えばプロダクションツール上でのダブルクリックから編集へ移行しようとすると、本体との連携がイマイチ。

など


機能制限なしの試用版が30日間無料で使えますのでお得です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月某日、Windows10の大型アップデートにより使用感が大幅に改善したことについて。


主にエクスプローラーの動作が快適(普通)になりました。
これまでは消せないファイルや移動できないファイルが頻発現して大変なストレスでしたが、今回の大型アップデートによりようやくこの問題が解決した感があります。

元々不具合の多くはクリーンインストールせずに前バージョンから直接アップグレードした場合に起こると言われていましたが、今回のアップデートによりWindows8以前のメール設定や様々なアプリなどを残したまま手軽にアップグレードすることが有力な選択肢になったかもしれません。

その場合にも一度前バージョンのWindows10にアップグレードしてから今回のアップデートを当てる手順になりますので細かい設定はその後に行うのが吉かと思われます。


注意点

提供開始初期にダウンロードしたユーザーに、アップデート以前のWindows設定がリセットされるなどの不具合があったようです。「ごく少数のユーザーに影響を及ぼしていた可能性がある」としていますが、見事に引っかかっていました。その後修正して改めてアップデートプログラムが提供されたようです。

 「Windows 10」、「November Update」のダウンロード提供が再開


<設定リセットされていたもの(気づいた限りで)>


  • ・TvRock録画開始通知などのバッチ通知
  • ・一部プライバシー設定
  • 録画チューナーの給電設定

特に給電設定のOFFにしばらく気づかなかったので、幾つかのBS番組の録画に失敗していました。要注意。


関連記事→WINDOWS10アップグレードに伴うTV周りの不具合と使用感あれこれ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

電子番組ガイド(EPG)って便利には違いありませんが管理はかなりいい加減な印象があります。誤字は当たり前、同じ番組でも回毎にタイトル表記や書式が違ったり全角半角なんでもあれです。新聞のラテ欄はかなり厳しいと聞きますがこっちは…

というわけでせっかくキーワードで自動検索を設定していても取りこぼすこともよく起きます。

そんな時に便利なのが正規表現。指定した文字列を正確に抽出する、みたいなプログラム的なあれです。
勉強するといろいろ複雑なことができますが、とりあえず簡単にこれ一つで応用がきいてTVROCK上で使いやすいものを紹介してみます。




.*

↑ ピリオドとアスタリスクの組み合わせ。半角。
ピリオドは任意(何でも)の1文字、アスタリスクはその0回以上の繰り返しを意味します。



つまり、指定した位置にどんな文字が何文字入ろうと(入らなかろうと)マッチする、というような意味合いになります。多分。

使い方としては例えば長期シリーズものの特定の回だけを拾いたい時など、
また、英語表記カナ表記の曖昧なとき、誤字のおそれがあるときなどに

key

「.*相棒.*7.*4」こんな感じで間違いなく入るキーワードだけをいくつか入力して区切り、その直前にそれぞれ付けます。
または不確かな部分だけを.*に置き換えるという考え方もできます。スペースは不要です。これであれば 

「相棒7 #4」
「相棒 シーズン7 第4回」
「[再]相棒 Season7 04話」

など、表記が多少ぶれようとも拾ってくれます。さすがに漢数字の「七」で来ることはないと思いますが…。数字の半角全角は区別しないようです。
不安な場合はあいまい検索のチェックボックスを外します。また、語句の並び順は正確である必要があります。
上の例の場合は14話や24話なども拾ってしまうので厳密に詰めたい場合にはまた工夫が必要です。「not」なども併用しましょう。
英語表記漢字表記仮名表記の違いで悩むような場合には利用価値大かと思います。
スペースの半角全角の違いだけで取りこぼすことも多いですので。

参考までにキーワード間に「|」をつければor検索、後ろに「not ~」をつければ除外検索ができますので併用すると応用の幅と正確性が広がります。

key 2
水谷豊は刑事貴族の方が好きです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

せっかく無償なのでwindows7→windows10にアップデートしてみました。

見た目だけはスッキリしていていいんですが、慣れや環境の問題はあるにしてもいろいろ使いにくいですね…。タブレットと併用という前提もあるのでしょうが。
位置情報など個人情報の収集機能が豊富になり、ユーザの自由度が抑えられ気味な印象でApple的な方向になりました。
幸いwindows7への復元は簡単に出来ましたので10への移行はタッチパネルディスプレイの充実を待つかもう少しこなれてからにしたいと思います。

※ただし復元時メールデータが一部壊れました

追記:時間ができたので前言撤回し再チャレンジしてみたところ問題の多くが解決しました。
主にAMD(ATI)のディスプレイドライバ周りがおかしかったようです。
Catalyst Control Center及びドライバをアンインストールし、Windows10にアップグレードしてからAMDのサポートページからautodetectutility.exeを利用して最新のものに差し替えたところ色々と改善。
ちなみにCCC再インストール時はお任せインストールではなくカスタム設定を選ばないと、
Gaming Evolved(Raptr)という余計なものまで入れられてしまうので注意が必要かもしれません。

個別の不具合などメモ


(設定などで修正できる場合も多いと思います。windows7の利用環境を面倒なく移行できるという希望的観測の上に出た不具合というか細かい不平なので適当です。8は未使用)

・ディスプレイを切り替えるとデスクトップアイコンが勝手に並び替えられる
地味に一番きついです。Desktopに各ドライブやフォルダのショートカットなどをおいていますが、モニタ2台の入力を切り替える度にアルファベット順に並び替えられるので使いにくい事この上ない。自動整列を切ってもこれです。

追記:Catalyst Control Centerをアンインストールし、AMDのサポートページからautodetectutility.exeを利用して最新のものに差し替えてからWindows10にアップグレードしたところ問題解決しました。


・文字のアンチエイリアスがきつい
これもパッと見の印象をよくしたいようですが読みにくいです。タブレットや超高精細ディスプレイに最適化されているのでしょうか。ディスプレイ設定でのズーム倍率も大雑把なので微調整がしにくいです。

追記:少し違和感がありますが問題ないレベルになりました。



・エクスプローラが使いにくい
liveメールやOffice風のあのアイコンだけ大きいごちゃごちゃのメニューが標準になってました。階層を移動するためのアドレス及び矢印表示が小さい。
ファイル移動時、移動先のフォルダに同一名ファイルがある場合、以前であればそれぞれのサイズ情報などが一覧されてどちらを残せばいいのか比較が容易でしたが、移動状況表示のウィンドウが無駄に大きくなっただけで必要な情報が隠れていてわかりにくいです。クラシカル表示設定的なものがあるのかもしれません。未確認。


・エクスプローラの動作が不安定
同ドライブ内でのファイル移動、単なる削除でも進行状況0%のまま進まないことがwin7時に比べ多々あります。キャンセルもスムーズにはできません。フォルダ内のファイルが少し多いと一覧に時間がかかります。
使い始めなので裏でインデックスでも作っているのでしょうか?
また、エクスプローラーを開く度にDVDドライブを読み込むので、毎回カリカリと鬱陶しい。


・スタートメニューからアプリを探すのが面倒
これまた勝手にABC順に並び替えられているので、登録アプリが多い場合にはマウスだけでは事足りずキーボードを使った検索前提な作りになっています。全体的にこのような余計なお世話的設計が多くなっています。


・スタートアップ登録していたアプリが自動起動しない
7で登録してあったものは勝手に除外されています。仮想ディスクドライブなども排除されていますので新たに設定し直す必要があります。
スタートアップフォルダ(user名フォルダの奥底にある)に放り込むだけでも自動起動しません。
サービス登録やタスクマネージャを利用するなどすればよいのでしょうが。やる気でず。

追記:
UACを必要とするアプリだけ起動しないようです。(Speedfanなど)
その他のアプリはこれまで通りスタートアップフォルダにショートカットを放り込むことで起動することを確認。
フォルダの位置はこちら。
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup


・UACが相変わらず面倒
よく使うソフトでも時刻補正などシステムに干渉するものは毎回確認をとってきてUACを切る以外普通には回避できません。
windows7でもそうだったかもしれませんが、同じように面倒な裏技的設定が必要かと思われます。


・BSチューナーが不安定に

PX-W3PEを使用してPC上でTV視聴をしていてこれまで全く問題ありませんでしたが、win10アップデート後にBSだけが不安定になりました。地上波は問題なく映ります。ほとんどの時間帯でBSだけ映らないのですが、たまに気まぐれのようにしっかり映る時もあって対処に困りました。録画もできていません。給電の関係かもしれません。ドライバも最新のものを入れてみましたが改善はしません。win7に戻したところまた元のように安定動作するようになりました。

追記:
http://www.plex-net.co.jp/product/pxw3pe_download.html
こちらからver.1.1.1のドライバ&ユーティリティセットをダウンロードし、
解凍したフォルダ内 PX-W3PE_ver-1.1.1>Utility>LNB
にある「LNB_ON.reg」を使い、衛星デジタルアンテナのLNBへの電源供給を再度ON設定にしたところ

(ダブルクリックしてレジストリ登録するだけ)
とりあえずWindows10上でも安定するようになりました。


・タスクマネージャを利用したTVROCKのスリープ復帰ができない
タスクの自動登録に失敗しています。タスクのゴミを綺麗にすればいいとの話もありましたがダメなようでした。タスクマネージャを使用しない復帰は自環境では元々できません。また、詳細に確認はしていませんが番組取得や内部時刻あたりも狂っているようで録画動作がいろいろおかしくなりました。これもwin7に戻すことで元通りになりましたので一安心。

追記:再アップグレードでなぜか復帰できるようになったっぽい?tvrockのログ上ではタスク登録に失敗していますが。様子見。


ちなみにWin10上でTVtest等の再生ソフトで映像や音が出ない場合は、アプリ上の[設定]→[一般]でデコーダの種類を変更する必要があります。Microsoft DTV-DVD Video Decoderが使えなくなっていましたのでATI MPEG video decoderにしました。あるいはフリーのDScalerでも動作確認できました。DirectShow Filter Toolを使い、PowerDVD15のフィルタも登録してみましたがこちらは上手く行きませんでした。

古いOSに比べると1時間位待つだけでほとんど自動でアップグレードダウングレードができますし、多くのアプリは特に設定変更なくそのまま使えるようですし、不具合も致命的なものはなさそうですから随分よくできているとは思います。全く悪いものではないので試用する価値はあります。


関連記事→7→Windows10 直接アップグレード組にとってのNovember Update
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

  1. ZIPを解凍して、「Mpeg2DecFilter.ax」を「C:\Windows\SysWOW64」にコピーする
  2. 「C:\Windows\SysWOW64」にある「cmd.exe」を右クリックして「管理者として実行」を選ぶ
  3. regsvr32 Mpeg2DecFilter.ax
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

パソコンのデータバックアップ用にブルーレイドライブBDR-208XJBK/WSを導入して数日。筐体への収まりも良く書き込みエラーも皆無なので快適に運用していますが、
PC本体をモニタから離れたところに置いてあるので、ディスクドライブの開閉は無線マウスの操作だけで行いたかったのですが、Windows7上でドライブのアイコンを右クリックしても「取り出し」はあるが「収納」がない!
ということで導入させて頂きましたこのフリーソフト「Portier(ポルティエ)」
ドライブ開閉だけでなく、プリンタや外付けハードディスクの安全な取り外しなども行える嬉しいソフトです。
なにより気に入ったのが、使いたい機能だけを単独でショートカットアイコン化できるということ。これをデスクトップにでも配置しておけば、ソフト自体を常駐させずともボタン感覚で簡単に操作が可能です。実に助かります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ